準備はいつから始めたら良いのか

中学受験の準備を始めるのはいつからが良いのかは、目標の設定によって変わってきます。志望校が自分よりも上の学校であれば、なるべく早く始めた方がいいです。志望校に合格する学力水準に達するまでの予想時間を逆算して始める時期を決めます。

ただし、早く始めすぎると集中力が続かなくなることがあります。中学受験までは山あり谷ありのマラソンだと考えて、集中力が途切れない程度に集中するように調整するといいでしょう。あくまで受験に間に合えばいいので、準備期間は自分なりの計画を立てることが大事です。

準備を始めてからはマラソンを走るランナーのように休息ポイントを作ったり、息抜きの時間を作ることが大事です。毎日の目標とご褒美を繰り返して、最後まで集中力が途切れないようにします。無理をして体を壊したり、壁にぶつかって諦めたりしないようにセーフネットを作ることも必要です。

始める時期は個人差がありますが、合格に達する学力基準は決まっています。その目標を誤らないようにすることも大事です。学力が達したと思ったら、まだ足りなかったということがなくなるように学力テストで基準に達しているかを測ります。基準に達したら、後は維持し続けるだけです。