勉強、勉強、勉強!だと子供のモチベーションが下がります

中学受験に受かるには、勉強することが必要です。しかし、毎日学校で勉強し、塾に通い、家でも勉強をするというのは、子供にとって大変なことです。勉強ばかりしていては集中力が続かず、モチベーションが下がってしまう可能性もあります。

中学受験を控えた子供が勉強をしていなかったら、不安になってしまいます。ついつい、勉強しなさいと叱りたくなってしまうかもしれません。しかし、残念ながら、勉強しなさいと言われてやる気が出る子供はいません。子供のモチベーションを保つためには、声をかけるときにも工夫が必要です。

中学受験を控えているといっても、勉強には息抜きが必要です。1時間勉強したら5分休むと決める、月に1度は勉強をせず遊ぶ日を作るなど、メリハリをつけた勉強計画を立てるのがおすすめです。子供のモチベーションを保つために、工夫をしてみましょう。

中学受験を控えた子供が心配なのはもちろんですが、ある程度は黙って見守ることも必要です。子供が勉強の息抜きにゲームや漫画に手を伸ばしても、ただ叱ってはいけません。息抜きの時間を決めて、何時になったらまた勉強を始めるなど、子供がモチベーションを保てるような声かけをしたり、勉強計画を立てたりしましょう。